被害にあう前に予防を|刺激してはだめ!蜂を見つけたら駆除して生活に安心を

刺激してはだめ!蜂を見つけたら駆除して生活に安心を

メンズ

被害にあう前に予防を

木材

湿気がなくても繁殖する

シロアリは家の寿命を短くしてしまう原因となってしまいます。日本の家は木材を使っている部分が多いのですが、その木材にダメージを与えてしまうため、シロアリが発生すると家の寿命が短くなってしまうのです。シロアリ対策を行うためには湿気を防ぐことが必要だと言われています。これはシロアリが湿度が高い場所を好んで生息することが原因となっているのですが、種類によってはシロアリが水を運び込むことができるため湿気を防ぐだけでは対策にならないこともあります。しかしきちんと対策を行っていれば、何年もシロアリの被害にあわない家を作ることも可能になります。被害にあってからでは駆除や場合によっては木材の入れ替えなども必要になってしまいます。

定期的な消毒を

シロアリ対策として有効なのが、予防消毒です。シロアリが床下など巣を作りやすい場所に侵入してきたとしてもその消毒で繁殖を抑えることができるもので、一度散布すると効果は5年ほどだと言われています。業者に頼むと費用は高くなってしまいますが、素人では判断が難しいこともあるため、プロにお任せした方が良いでしょう。定期的に消毒を行っておけば、シロアリの発生を防ぐことができますので家の寿命を延ばしたり、家の価値の低下を防ぐことができます。また、多くの場合には木造の家だけが被害にあうと思っているのですが、現実にはシロアリはコンクリートもかじる習性があるため、木造の住宅ではないから大丈夫、と安心しているのは危険です。定期的に業者に床下のチェックを行ってもらい、予防消毒を行うことが大切だと言えます。